むむむっ、壁にツンツンした鉄筋!

基礎のコンクリートが固まると白くなるんですね。その後作業を進めてくださって、壁(「立ち上がり」って言うんですね)を作る工程として、短い鉄筋が入ってきました。壁は30センチぐらいはあろうかという分厚さになりそうです。監督さんのお話では周囲の土を圧迫する役割もあるので地下の壁は特に厚く作るとのこと。頑丈ですね。


閲覧数:24回0件のコメント